キレる彼女と黙る彼

肝心なところで彼が黙ってしまう…
こんな経験はありませんか?
彼女としては、彼の本音を知りたい。引き出したい。ところが、引き出そうとすればするほど彼は黙る。
『なんで黙っているのよ!黙っていたらなにも分からないじゃないの!なんとか言いなさいよ!』

あらあら…
この二人はもう、ちょっと難しい…かな?

こうやって第三者として冷静に状況を見てみると、彼がなぜ黙るのか、理解できますよね。
実は、彼が黙ってくれていたからこそ成り立ってきた関係なのですね。

『そんなことないです。私だっていっぱい我慢してきたんです。大体気に入らないことがあるならハッキリ言えばいいじゃないですか。口があるんだから。それがコミュニケーションってものでしょう!』

『………。』
あ、すみません。
私もつい黙ってしまいました…。

ではこの二人の関係を、少し時計の針を戻して見てみましょう。
付き合い始めたばかりの二人。
ラブラブですねー❣️あちち…💓
熱いけど、お互いに少し無理してますね。
男性は頼られたい、と思う。
女性は愛されたい、と思う。
本当は50しかない力を100以上出してしまうんですね。また、一時的にしろ出せてしまうのが恋のすごいところです。

こんな時、男性も結構大変なんですよ💦
お金が無いのに
『いいよいいよ、僕が払うよ』とか。
言われたことありますでしょう?

車を出すも、実は大変なのに
『車で迎えに行くから待っててね!車がなかったらレンタカー借りて迎えに行くから。』

無理してますねぇ。
こんなに無理して大丈夫なんでしょうか?
もちろん、大丈夫ではないんですね。
付き合いが進むと面倒に思えてきます。
『えー、またレンタカー借りて行くの。面倒くさいな…。』

彼女としては、当然不満です。
今まで受けられてきたサービスが無くなるわけですから、不満だし、不安ですね。
『最初のころと随分違うじゃないの!』
『最初はもっと優しかった』
『もう愛してないの?』

違うんです。本当は愛が深まったのです。
心と心が通じてきたから安心しただけなんです。
100に見せかけてきた自分から、本来の50の自分へと戻ろうとしているだけなんです。
あなただから、本当の弱い自分を見せられる。
これが愛です。

喧嘩がよく起きるのはこの段階なんですね。
今までと違うから。
そしてこの喧嘩が大事。
だって嫌いな相手とは喧嘩しませんもんね。
好きだから、喧嘩してでも分かり合いたい。
それが愛ですね。

『そうですよ!私は分かりたいんです。彼の気持ちを。だけど黙っちゃうから…』

そうですね。黙っちゃうんですよね。
でもなんで黙っちゃうんでしょうね?

『…。私がわがまま言い過ぎたのかなぁ…』

なんだ、分かってるじゃないですか。
分かってるけど、引っ込みがつかなくなっちゃったんですね。だからキレちゃう。
本当はね、あなたは自分にキレてるんです。
彼にキレてるんじゃないんです。
彼を包み込めない自分に。
彼に優しくしてあげたいのに、それができない自分。
本当は彼が無理しているのが分かっていたのに、つい甘えてしまった自分。
彼が無理ができなくなったのに、まだ甘えようとしている自分。
その不甲斐ない自分にキレているんですよ。

彼だって爆発寸前です。
爆発しないために黙っています。
それも、愛ですよ。
この愛を今度こそ受け止めましょう。
あなたも彼を愛しているなら。

彼はね、察して欲しいんです。
静かにして、黙っていても察して欲しいんです。
察して、気遣って、そして美しくいて欲しい。

心身共に成長を遂げた大人の女性はまた、そうあるのが自然な姿と言えましょう。
男性は世間で揉まれています。
いちいち口に出さないと分からないようでは、社会人失格です。周りの動きに敏感になり先を読めるよう、常に神経を使っています。
女性にも自分と同じように成長してもらいたい。
大人の女性にふさわしい言動を身につけてもらいたい。
察して、気遣って、そして美しくいて欲しい。
こう願うことは、彼の独りよがりでしょうか?
私にはそうは思えません。
これは、愛です。

大人の女性にふさわしい言動を身につける。
察して、気遣って、そして美しくなる。
そうやって素敵に成長したあなたを、彼はさらに愛するでしょう。

この時なのです。
彼の力が、本当に100に近づくのは。


2020年06月21日